電話番号0943-23-1625
メールでのお問い合わせ

明日を支える生産農場明日を支える生産農場

生産農場について

株式会社肥後ポートリー

農場と食卓の笑顔がひとつになることを願って。

安全に管理された鶏舎で採れた卵、安全に、新鮮に。

<農場拠点>

鶏舎について

害虫や害獣を防ぐウィンドレス鶏舎

近年流行している鳥インフルエンザの発生の原因となる害獣の侵入を防ぐウィンドレス鶏舎での飼育をしています。

こだわりの配合飼料

安心・安全をお届けする為にえさ作りにこだわっています

鶏が食べたえさによって卵の質は大きく左右されます。
だからこそえさには徹底的にこだわり、日々探究し続けます。

指定配合したオリジナルのえさを使用しております。
※枯草菌、オリゴ糖で鶏の腸内環境を保ち、サルモネラ菌のリスクを軽減しています。

Q&A

鶏を育てる上でのこだわりは?
鶏舎にひよこがきたら、えさをきちんと食べるように風通しをよくしたり温度調節をしたりして住む環境を整えます。
鶏舎はゆったりとしたスペースがあり、季節ごとの日照時間に合わせて鶏舎内の点灯時間を変えて産卵を促します。
えさを与える時間を決めることで集中して食べさせています。
美味しい卵を届けるための秘訣は?
生産者のたっぷりな愛情を注ぐことです。また鶏としっかり向き合うことです。
同じ環境で鶏を育てていても、生産者によってできる卵は全く違います。
赤いたまごと白いたまごはなぜ違うのですか?
鶏の種類が違います。
赤い鶏が産んだ卵は赤く、白い鶏が産んだ卵は白です。栄養価は一緒です。
えさの成分は卵に移行しますか?
鶏がえさを食べ始めると、まもなくその成分が卵黄の成分に影響し始めます。
えさによって付加価値のついた卵を特殊卵(栄養強化卵)といいます。その成分は一般にビタミンEや木酢液等です。
とうもろこしや大豆を中心とした良質のえさに、ビタミンや木酢液を配合していろいろな卵を生産しています。
鶏に体調の変化があると判断する方法は?
トサカの色、顔色、目の動きでわかります。これは職人技です。
えさをきちんと食べているかもチェックし、生産者が常に鶏を見ているので質の良い卵をお届けすることができます。
卵にはコレステロールがあると言われていますが、一日に何個まで食べてよいのでしょうか?
卵は100g中に420mgのコレステロールを含む生鮮食品です。
しかし、コレステロールには善玉と悪玉の2種類があって、卵は悪玉コレステロールを取り除く働きをもっている為、摂取量を制限する必要はないという研究発表もあります。